タグ別アーカイブ: ヴィンセント・ギャロ

バッファロー’66

バッファロー66

限りなく男性の視点で描かれた映画だと感じました。男性目線というより、男性の願望をそのまま映像化した作品と言っていいと思います。その願望とはつまり「ガールハント」です。気に入った女の子にイチかバチかのアタックをしてダンスパーティーに誘うというのが、アメリカ映画でよく描かれる青年男子のガールハントの典型例で、これはこれで健全だと言っていいでしょう。プロム(卒業パーティー)に出席するのに相手の女の子を見...[続きを読む]